空家をオフィスとして再利用する会社

若くして会社を立ち上げた人のなかで、もう使っていないプレハブの建物や空家などに事務所を掲げて仕事をするケースが増えているようです。

また、ひとつの空間を間仕切りして、シェアするタイプの貸しオフィスもあるようですね。

それは、会社側にも持ち主にもプラスの効果があり、会社は低家賃で借りることができたりうまくいけば低価格で購入できるときもあるようです。

あまり事務所を購入というのは聞いたことはありませんが、起業して間もない時期はレンタルで、経費として処理する方が節税対策にもなるのでしょう。

また、遊休物件の持ち主にとっては、どうしたらいいのかわからない建物を再利用してもらうことで、処分の手間が省け、例え少なくても収入を得ることができます。

立ち上げたばかりの会社は人数も少ないためにそんなに広い場所は必要なく、環境さえ整っていればどこでも仕事ができます。
出来れば自由に室内をリフォームという条件があればいいのですが、そこまでは贅沢と言うものでしょうか。

特に、接客業を伴う仕事であれば立地条件も関係してきますが、事務所などのみで最初スタートさせるのであれば多少立地条件が悪くても好都合となります。
プレハブや空家のリユースが増えてくると、その場所も活気付いてくるかもしれません。

インターネットと電話とデスクがあれば、少なくとも業務を開始することは出来るでしょうね。

おしゃれにはアクセサリー
チタンピアスの通販ショップ
金属アレルギー歴11年の店長がアレルギーを心配せずにおしゃれしたい女性を応援している通販ショップ
www.nadeshiko-st.com/
関連:www.daswienerexperiment.org

«