応援グッズでいっぱいのわが家

まだ4歳の息子は、野球のルールはまったくわからないというのに野球観戦が大好きです。

何を見て楽しんでいるのだろうと、いつも気になってたんですが、ようやく答えがわかりました。

試合を見るわけではなく、ソフトクリームやフライドポテトなど、普段親からは食べさせてもらえないようなものを買ってもらえるのが嬉しくて仕方がない様子。

球場の、いつもとは違った雰囲気も好きで、わけもわからずまわりと一緒に大きな声で応援しているようです。
連れて行ってくれるのは私の父。

大好きなおじいちゃんに食べ物を買ってもらった後は、野球場の外にある出店で小さな旗やメガフォンなどの応援グッズを買ってもらってご満悦で帰って来ます。

おかげでわが家は地元球団の応援グッズでいっぱいです。
本人は小学生になったら地元の少年野球のチームに入って野球をすると今から張り切っています。
ああ、親としては土日も野球のために尽くさねばならないのかと、ちょっと憂鬱なんですけどね。

結構、朝早くからグラウンドに出たり、野球以外のイベントが目白押しだと聞いています。
当然のように家族とお出かけなんてことも減るでしょうし、何よりも勉強の心配が。
文武両道を理想としながらも実現してるい人は少ないですし、そこに導こうとしているひとも少ないのが現状でしょう。

将来的に、部活を精一杯頑張っていても、授業中に眠るような学生にはなって欲しくないのです。
一流のアスリートはエンジニア並みに分析能力が高く、理論思考が出来上がってますよ。

テレワークでもできる勤怠管理
テレワークでも勤怠管理
飲食店の様々な従業員の雇用体系にも対応できる労務管理システムがコチラ。導入の詳細は公式サイトでチェック。
biz-work.jp/
関連:www.gatlinburgchalets.net

«