いつの間にか私たちの生活でも、仕事でもパソコンと離れなくなりました。
今使っているパソコンはたくさんの機能がありますが、最初のパソコンはこの様子ではありませんでした。

パソコンの発展は何十年間の人の知恵と努力の結果で、その前身は計算機でした。
世界第一台計算機は1946年にアメリカの科学者に作られました。その体積は170平米を占めるほど大きいで、重量は約30トンでした。

1956年、トランジスタコンピュータが誕生して、これは第二代コンピュータでした。
その体積が小さくなって、計算のスピードも速くなりました。

今になって、パソコンの体積は大体四分の一平米を占めて、よく使われたのはやはりカバンに置けるノートパソコンでしょう。
ますます便利になっています。