肌トラブルと食事

ニキビや吹き出物、カサつき、シミ・しわなどで悩まれている方も多いと思います。
綺麗な肌を作るには健康な体でいることが重要です。

体の機能が働くために必要な栄養な不足すると、健康な肌は作れません。
健康的な肌を持続するには偏食せずに幅広い食品から様々な栄養を摂ることが肝心です。

肌の健康に関わる栄養素はタンパク質・ビタミンなどがあります。
また、規則正しいリズムで食事する事です。

朝食を抜いたり、遅い時間に暴飲暴食を繰り返すと、便秘の原因になります。
便秘は肌の大敵ですのでよくありません。

日頃から油っぽい食べ物ばかり食べていると皮脂の分泌を促進しニキビが出来やすくなります。
皮質の過度な摂取は控えたほうがよさそうです。

肌トラブルには食生活だけでなく、睡眠不足、ストレスなども大きく関係してくるので、生活全体に気をつけてみてください。

ところで最近のスキンケア市場の賑やかさと言ったら、尋常じゃないですよね。
次から次へと新商品が販売されていますが、一部、アレルギーの問題で社会問題化している商品もあり、過剰な品質もマイナスなのかなと勝手に思ったりしています。

皮膚に刷り込むということは体内に吸収させることと同様ですので、身体には許容範囲というものがあるということは、ある程度、自覚が必要なのかも知れません。

新しい商品は利用者の実績が無いという観点から考えると、すぐに飛びつくのはリスクも大きいのでしょうか。

朝食を食べて健康生活

30歳を過ぎると、否応なく健康が気になってくるものです。
毎日規則正しく、3食バランスのとれた食事を取りたいのですが、なかなか実践できません。
仕事をしていると、どうしても朝はバタバタしてしまって朝食を取る時間が確保できず、結局1日2食になってしまいます。

朝食を食べると活力が湧いてくるとか、1日1食2食よりもきちんと3食取った方が痩せるとか、よくそういった話を聞きます。
その時は「朝食取らなきゃなー」と思うのですが、朝のバタバタした時間にごはんを食べるくらいなら、少しでも寝ていたいと思ってしまうぐうたらな私。
このぐうたらな性格上、仕事をしていてもしていなくても朝ごはんは食べないのかもしれません。
でも、実家にいた頃はきちんと食べていました。
たぶん、朝食を作ってくれる人がいたからなんでしょうね。
一人暮らしだとどうしても面倒で、朝食を作る気になれないのです。
「食パン1枚でもいいからきちんと食べなさい」といつも母に言われています。
食パン1枚でも胃の中に何か入れておかないと、力が湧いてこないよと。
まあ、そのとおりなんでしょうね。
たまに旅行に行った時なんかに、朝食バイキングを食べたりしますが、朝からおいしい料理を食べるとその日1日元気に過ごせる気がします。
バイキングとまではいかなくても、牛乳1杯でもヨーグルト1杯でも、胃の中に何か入れることが大切なんだろうなぁと思います。
でも、習慣を変えるって、簡単なようですごく大変なことなんですよね。
とりあえず、1日3食健康生活に慣れるために、朝ちょっとでもいいから何か口にしようと思います。
早速いつもより10分早い時間に目覚ましをかけました。
この試みが健康面に影響することを信じて、明日からちょっとだけ早起きしたいと思います。

プロの食肉
業務用精肉加工販売
常に「安全な品質」・「安定した商品」をお客様にご提供し続ける食肉卸業者
meat-kimura.co.jp/

»