ルールを守る事の大切さ

私は自分にルールがあります。
ルールは必ず自由でいることです。
決まりごとは作りません。

必ず毎日良いことを一つするとか、必ず夜に翌日の準備をしてから寝るとか、必ず朝起きた時にふとんの中でストレッチをするとか…。
ちゃんと出来なかった時に自分を責めたりストレスになったりするような決まりごとは、私の中でNG。

だって、そうでなくても毎日毎日ストレスだらけの生活を送っているのです。
仕事では上司の言葉が絶対で、上司が間違っていても文句も言えずそれで何か問題が発生した時には尻拭いをせざるを得なくなります。

お客様には常に笑顔で対応しなければならず、どんなに嫌いな相手のことも思いやらないといけないこともありますね。
ルールだらけなのです。

せめて自分だけは自分を自由にしてあげたいと思うのです。
ルールに振り回されるのではなく、ルールわ味方に付けることで縛られる感覚は随分と薄れていくものです。
世の中には、不毛なルールの方が多いのですが、気に病んでも中々改正されないのがルールなんですよね。

ルールというのは行動規制ですから、子どもから大人にらなるにつれて、規制が厳しくなるのは当たり前の事ですが、大人に成り切れていない大人ほど、ルール無視で粋がってしまうわけですね。
粋がったところで社会のルールに反すれば、それなりの社会的制裁が待っているのですがね。

よい牧場から牛肉を調達
独自の品質管理ルールで精肉の食肉卸業者
より厳しい品質管理が最高級肉を提供出来る秘訣。店舗オーナーの高い評判の会社。
meat-kimura.co.jp/

«
»