イベント入場料

イベント会場での入場料の値段に当然ながら不満を持つ人もいるだろう。
お金を払って入場する人にしてみれば、入りたいけれど1000円は高すぎると感じることもあるだろう。
ぼったくりじゃないのかと。

私だって実際にそう思う時もある。
しかし、あるイベントでボランティアスタッフとして働く機会が前に一度あった。

初めて主催側の活動に携わったことがきっかけで、私の入場料についての意識はガラッと変わった。
とにかくイベント主催というのは、お金がかかる。

まずいちばん大きいのは会場費・イベントで使用する道具や備品・そしてイベントの宣伝チラシの印刷代などさまざまだが、ちょっとした規模の催しでも軽く何十万という費用がかかる。
集まるスタッフは全員ボランティアでバイト代なんて出ない。

仮に費用が10万だとしても、お客様1人から1000円の入場費を頂いて、費用を回収するには確実に最低100人呼び込まなければならない。
万一、お客様がゼロだったら儲けゼロどころか大赤字になる。
そういうことなのだ。

そもそも価格は、お客様が決めることは出来ないのだ。
不平不満があるなら行かなければよいわけで、文句を言うだけ無駄な努力でしかないのである。
その理由は、1利用者の意見が全体では決してないからである。

しかし、1利用者にとっては自分の意見が全てであるので、意見を言うとクレーマー扱いされる懸念も最近の傾向なのである。

»